結成創立(1968年 S43年5月

1969
4




1971
年 


1973年 

創立10周年(
1978年 S53年)



創立20周年(1988年)







創立25周年
(1993年)

創立30周年(1998年 H10








創立40周年(
2008年 H20年)

 
6名の青年達により創立 会費100円

福岡県勤労者山岳連盟に加盟

創立の翌年より機関紙の発行
年2回バスハイクを実施するなど会員拡大に努める

会員数50名を超える
冬山合宿・祖母〜傾山縦走・北アルプス等活発な登山を行う

小倉区在住の会員により小倉勤労者山岳会として発展分離

会員の年齢層 30代〜40代。
会員の高齢化(?)や様々な理由で山行活動停滞ぎみ会員数1415名に落ち込む年もあるが熱心な会員により会活動継続


20周年レセプションを盛大に祝う
会員数20名を越える。会員数が増え始める
県連の登山学校への参加が積極的に取り組まれる
山行計画にスキーを取り入れる
ふれあいキャンプを始める

北アルプス・九重合宿・傾山〜祖母山縦走等積極的な山行が行われる

25周年記念山行実施、 記念誌発行  あしびの旗作成

会員数56名で、30周年祝賀会を盛大に開催。記念山行実施。
記念誌発行
徳澄さんをはじめベテラン会員の退会。
リーダー養成のため、県連登山学校への参加を推進。

会報の定期的発行と充実、例会通信の毎回の発行により会員相互の連帯を図る。 
会員の高齢化が進むに連れ、ハイキング山行を増やす。、

記念山行(福智山、北ア新表銀座、富士山、九重、英彦山)の取り組みと記念祝賀会の開催。
九重集中登山はテント泊をバンガロー泊に変更して賑やかかつ盛大に行う。 記念誌発行。